(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

DD54稼働機のこと・・・

  • 鉄分不足
  • 2017/02/28 (Tue) 18:14:28
初めまして、DD54の播但線最後の活躍の画像懐かしく拝見しました。
引用された資料によっては正しいとの見方もできますが、53年に稼働していた機で実際と異なる部分があります。
29号機は当方の把握も40年近く前ですので「年」までの話ではありますが51年中に運用離脱しておりました。
また31号機も52年中に離脱しております。
53年に括ると外れますが、52年秋時点では逆に28号機、40号機が稼働機でした。
24号機も52年末までに故障で離脱しておりました。
上記の機は29号機以外53年の年初に福知山機関区にその姿があった機とは思います。
官報の廃車年月日と実際の離脱~の相関が確かに怪しい?機が存在は致しますが・・・。
細かい話で恐縮ですが、当方の手記と実際の沿線確認では上記が現実でございます。

Re: DD54稼働機のこと・・・

  • つねぴょん
  • 2017/03/07 (Tue) 16:12:48
鉄分不足さま
 
メッセージありがとうございました。
どの資料を参考にしたのかは失念しましたが、さらに調べましてご指摘の訂正箇所を検討させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

C575の件

  • 柘植加太
  • E-mail
  • 2016/12/30 (Fri) 19:12:41
お久しぶりです。
以前にコメントさせていただいた、柘植加太 です。

梅小路のC575のナンバープレートのお話をされていたと思います。
梅小路では美しい形式プレートだったのが、豊岡に転属になった後に貧相なプレートに変わっていた件です。
私も、1971年の8月中ごろに豊岡機関区を訪問して、その際に庫の中にC575を見つけて嬉しかった半面、正面のプレートが変わっていて驚いた記憶があり、後何年も残りがないあの時期にどうしてプレートを変えたのか、40年来謎でした。
最近になって、「梅小路から豊岡に転属になる際に、輸送中に盗難にあった」という話を聞きました。真偽のほどは分かりませんが、可能性は否定できないなというのと、あまりに悲しいことだと思った次第です。
ご存じでしょうか?

Re: C575の件

  • つねぴょん
  • 2017/01/02 (Mon) 11:45:47
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 
C57 5の形式入りプレート、ボクも盗難説を耳にしたことがあります。
ただ、噂話の域を超えない程度の情報ですので、公言は避けているという状況です。
未だに埋もれたまま、どこかに眠っているのでしょうか。本当に盗まれたとしたならば、仰る通りとても悲しいことですね。

ようこそSL写真展

  • 桶谷範幸
  • E-mail
  • Site
  • 2016/03/04 (Fri) 08:54:21
ご無沙汰してます、銚子でお会いした銚子元気塾の桶谷です。

銚子元気塾ではSLの写真展を4/1~4/10イオンモール銚子にて開催します。

そこでSLにちなんだ写真を募集しています。
詳しくは
http://choshijohokyoku.jimdo.com/
参照ください。

ご応募お待ちしております。

Re: ようこそSL写真展

  • つねぴょん
  • 2016/03/16 (Wed) 14:08:22
桶谷様

その節はありがとうございました。
次回の運転の際には、是非とも宜しくお願いいたします。
ご案内ありがとうございました。

唐沢鉱山軌道

  • 蓮乗院
  • 2016/02/20 (Sat) 16:41:37
はじめまして。
唐沢鉱山軌道を検索して辿り着きました。

私の母方の祖母が沿線に住んでいたこともあり、私も幼少の頃からガソリンカーを見て育ったせいか、未だに鉄道趣味の世界から足を洗えずにいます。(笑)

残念ながら幼少期~小学校低学年ということもあり、ガソリンカーを撮影することは叶いませんでしたが、昨日のことのようにその情景が脳裏に焼き付いています。

 VOL1のお写真の中で、私の祖母宅から撮影したと思われるカットがあり、子供の頃に祖母から「敷地内からガソリンカーの写真を撮らせて欲しい」と言われたことがあるという話を聞かされたことを思い出し、もしかしたらその方だったのでは?と思った次第です。

 今でも293号線の踏切近くにある墓地に祖父、祖母共に眠っているので、墓参りに時折訪れた際には廃線跡を気にかけて見ております。この踏切から工場へ向かう左手に作業員小屋があるのですが、これだけは今でも残っています。そのほかは町役場に日立製の機関車、人車、小さい鉱車が展示されているくらいでしょうか。

 とても懐かしい想いで拝見させていただき、ありがとうございました。

Re: 唐沢鉱山軌道

  • つねぴょん
  • 2016/03/01 (Tue) 13:44:39
蓮乗院さま

メッセージありがとうございました。
素晴らしい環境で過ごされたようで、とても羨ましく思いました。
御祖母様のお宅の件、大変申し訳ないのですが記憶にございません。
ただ、撮影の際によそ様の敷地内を干渉する可能性がある場合は、必ず申し出をしてお許しを得てから行動するよう心がけておりました。
ひょっとすると、そのようなことがあったのかも知れません。
そうだとしたら、何とも奇遇なご縁だと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

はじめまして!

  • 外房雑記録
  • E-mail
  • Site
  • 2016/01/23 (Sat) 21:40:13
立山砂防工事専用軌道の調べものをしていたところ、
辿り着きました。

「房総東線・旧大網駅跡」は興味深く拝見させて頂きました。
私はホームの跡は東金線の車内から見る程度で、駅舎の
全体像を初めて知ることが出来ました。

実は趣味で「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)と
いうサイトを開設していまして、外房線の歴史などを掲載して
おります。

現在サイトのリニューアル・加筆を進めておりましてぜひ
リンクをさせて頂けるとうれしいです。

最近は鉄道系の個人サイトが全く更新されていなかったり、
突然消えていたりと寂しく思うこともありますが、今後も
サイトの更新を楽しみにしております。

はじめまして

  • つねぴょん
  • 2016/01/25 (Mon) 16:28:41
外房雑記録さま

メッセージありがとうございました。
ご覧くださいまして、ありがとうございます。
リンクの件、承知いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

ED16

  • よっしー
  • 2015/09/21 (Mon) 03:27:52
懐かしいですね
私、立川機関区で電気機関助士と構内掛していたんですよ。
分割民営化で他会社に行きましたが、懐かしいですね。



ありがとうございます!

  • つねぴょん
  • 2015/09/28 (Mon) 19:26:32
よっしー様

コメントありがとうございました。
立川機関区には二度程お邪魔しました。詰所のような処で、職員さんとお話しさせていただいたこともあります。よっしーさん、いらっしゃったりして(笑)ED16の写真はまだまだ掲載してゆきます。どうぞお楽しみに!今後とも宜しくお願いいたします。

無題

  • 上野理志
  • E-mail
  • 2015/09/04 (Fri) 23:34:49
小古曽駅です。

ご指摘ありがとうございました

  • つねぴょん
  • 2015/09/09 (Wed) 09:57:41
上野様

お世話になっております。
撮影場所についてのご指摘、ありがとうございました。
失念していることが多く、とても助かります。
さっそく掲載ページには補足を入れさせていただきます。
重ねて御礼申し上げます。

無題

  • 上野理志
  • E-mail
  • 2015/09/04 (Fri) 23:32:38
小古曽~内部間で、内部側から撮っています。

信州新町の旭重工業のDL

  • 軽トラ撮り鉄
  • 2015/07/24 (Fri) 20:34:43
数日前に撮影した写真を、ブログにアップしてあります^_^
軽トラ撮り鉄 アメブロで検索してみてください。

Re: 信州新町の旭重工業のDL

  • つねぴょん
  • Site
  • 2015/08/05 (Wed) 08:01:32
軽トラ撮り鉄様

はじめまして。
素晴らしい情報をありがとうございました。
残存していたとは…喜ばしい限りです。
今後とも宜しくお願いいたします。

奥多摩工業曳鉄氷川線

別の探し物をしていて、偶然このサイトにたどり着きました。
「曳鉄氷川線」撮影時期と、私が奥多摩工業に在籍していた時期が重なります。昭和49年4月から昭和53年2月まで在籍し、氷川曳鉄氷川線や選鉱場も担当していました。今考えると、もつと写真を撮っておくべきだと思うのですが、・・そんなもんですよね。私が氷川の事務所の1階にいた頃(今は役場になっているみたいですね。)見学者の方が来て(若い学生さんだったような・・)案内した記憶があります。このような鉱山鉄道の写真は意外と撮ってないし、残ってないので貴重ですね。
 私はその後地元にUターンして、1昨年退職しました。
「曳鉄氷川線」の建設報告の発表資料(多分石灰石工業大会)は一部手元に残っています。
今後は、「曳索鉄道」は作られないと思います。当時すでにベルトコンベアの時代になっていましたから。
 このシステムは運搬量のフレキシビリティがかなり大きく、当時は、計画時の数倍(青梅線の貨物列車の運搬量とほぼ等しい)の能力を出していた時代だったと思います。 当時、多分世界でも類のない距離と運搬量のレベルだったと思います。
 ちゃんと許可を取って撮影されたもので、非常に貴重なものでしょうから、写真のコピー(DATA)を会社に寄贈するのも、ひとつの社会貢献かもしれませんね。・・・

Re: 奥多摩工業曳鉄氷川線

  • つねぴょん
  • 2014/06/24 (Tue) 08:18:25
tachinon様

メッセージありがとうございました。
ご勤務されていらっしゃった方と伺い、感慨ひとしおです。
当時、見学申請は手紙と電話で行っていました。

お名前は失念しましたが、当方の申し出主旨を理解してくださる方がいらっしゃり、便宜を図っていただいた記憶があります。
あの頃は現在と違い、多少緩かったので色々と助かりました。

曳鉄のあれこれについて、ご教示いただけないでしょうか?
詳細について不明な点が多くありますので、内容の充実化にご協力くだされば幸いです。

今後とも宜しくお願いいたします。